アクティビティセンターひびき

アクティビティセンターひびき

施設案内

東大阪市の学園の街、近鉄線八戸ノ里駅南へ徒歩15分、東大阪アリーナ、八戸ノ里公園、勤労市民センターが建ち並ぶ一角にアクティビティセンターひびきがあります。

アクティビティセンターひびきは障害の重い人たちの日中活動の場です。
どんなに障害が重くても、自分らしく生き生きと生活すること、そして人としての豊かな発達の可能性を追求していくことを大切に日々の活動を行っています。

アクティビティセンターひびきは、社会とつながって、働くことを大切にします。
一人の大人として、社会の一員として当たり前に働く、それは障害の重い人にも保障されなければなりません。一人一人の障害や興味、関心に沿った形で働く中身や形態を検討し一人一人が働く手ごたえや充実感を感じることを大切にしています。

アクティビティセンターひびきは集団での活動を大切にします。
周りの仲間や職員とつながって、助け合い、喜びあい、時にはトラブルもあるけれど、仲間っていいなあと感じられるような実践を大切にします。

アクティビティセンターひびきは楽しいことが沢山あります。
サークル活動、旅行、スポーツ大会、夏祭りなどなど、みんなと一緒に楽しみます。

アクティビティセンターひびきは安心、安全を大切にします。
障害のある人たちが健康で安心して毎日を過ごせるように健康管理や防災にも気を配っています。

アクティビティセンターひびきは障害のある人たちを真ん中に、一人が一人が自分らしい人生を送れるよう事業・実践を進めています。

事業所概要

生活介護事業 (定員50名)
施設規模 鉄筋コンクリート2階建 974㎡

アクセス

住所 〒577-0804
大阪府東大阪市中小阪5丁目14番23号
TEL 06-6732-1112
FAX 06-6725-6522
メールアドレス hibiki1@isis.ocn.ne.jp
アクセスマップ

活動内容

私たちは障害のある人達が、自分の人生の主人公として生き生きと働き、生活できるよう支援していきます。
利用者・家族の願いに基づいた施設作りを進めていきます。

Aグループ

労働が日中活動の中心となるグループ
作業活動を生活の柱とし、目的意識を持って労働に臨むことが出来るグループ。
より高い賃金を得ることを目標に労働活動の充実を図っていきます。
また、共に作業に取り組む人たちと達成感を共有し、人とのつながりを深めていきます。

(1班)リサイクル作業(ミルクカートンの回収、整理)。下請け加工軽作業
(2班)縫製作業(ふきん、ポーチ等)

Bグループ

心身ともに健康で安心した生活を送ることを基本に、生活に対する意欲を育てていくグループ
障害が重く、安心安全な生活を送るために環境整備や人的援助を行うことが求められるグループ。
基本的な日常生活(着替え・食事・歯磨き・水分補給など)をきちんとする中で健康的な生活を送ることを大切にします。
日中の作業や活動を通して生活リズムを整え、こだわり、感覚遊び、パニック等の自分の世界から外界との関わりを広げていくことを大切にしていきます。
また、年齢を重ねても安定した日中生活が送れるよう必要な支援を行っていきます。

(3・4班)畑仕事、散歩など屋外で身体を動かす活動が中心。
(5班)高齢の方、身体に障害のある人たちで作業を中心としながら一人一人のニーズに合わせてストレッチ、音楽などの活動を組み入れています。
(6班)重度重複障害の人たち、軽作業を行いながら音楽、創作、ストレッチ等身体と心のリラクゼーション活動を行っています。看護師の配置の下で医療的ケアも行います。

最近の取り組み

音楽サークル活動報告

音楽サークルでは、その時々の季節に合った曲を、唄ったり太鼓の演奏や、鈴演奏などを通して自分の中にあるエネルギーを外に出せる活動をしています。
季節の歌では、サークル活動を行う月によって歌う曲を変えているのですが、ベテランメンバーはイントロを聞くだけで淡々と歌い上げてしまいます。
太鼓演奏や鈴奏では、歌を唄うことが苦手な方でも、太鼓の音が聞こえるとハッと意識を向けられ音楽に合わせ自分の思うように全力で叩かれています。

また、今期から新しく、カラオケの時間を長くとるようにしました。唄いたい曲のリクエストを取りみんなの前で唄ってもらっています。
写真は今年度から新しく、音楽サークルに入られた利用者さんが唄っているところです。彼女がリクエストする曲は決まってアイカツ等の、若い世代にしかわからない曲が多いのですが、ダンスと一緒に自信満々に歌う姿に周りで聞いている皆も次第にノリノリになっています。
世代も違うメンバーが多いですが音楽活動を通して皆で盛り上がれる取り組みになっています。

スポーツサークル活動報告

今年度に入りサークル担当ががらりと変わりました。今年は新人職員が3人入り、その内2人がスポーツサークルの担当となりました。また、Mさん(18歳)新しい仲間もスポーツサークルに加わり、仲間、職員合わせて17名のスポーツサークルとなっています。
昨年度は1年通してサッカーをしてきましたが、今年度も1年間サッカーを行っていこうと考えています。内容としては、パス・ドリブル・シュートこの3つの練習をしています。2人ペアになり練習をした後、一人一人スポットが当たるようにして、自分のしてきた事を実感又は職員や仲間からの評価を受け、次に繋がるように取り組んでいます。
夏場には毎年恒例となっている、東大阪アリーナの屋内プールに入っています。また、雨天時には作業所の中でマットを広げストレッチをしています。体を伸ばしたり、バランスボールを使って体幹を鍛え、その後は横になってリラックスして身体を休める時間も取り入れています。

若い仲間や高齢の仲間もいる中でも、暑さで倒バテてしまうなど、体調不良を訴える仲間はいません。しかし、これから真夏に入っていく中で、室内での活動も増やしていくこと、水分補給をしっかり行う事を大切に、熱中症等の対策をしっかり行いながら、楽しく取り組みを進めていきたいです。

スポーツサークル担当 恩知

お食事会をひらきました

5月21日、アクティビティセンターひびき1班が、洋食専門「やろく」へランチを食べに行く取り組みを行いました。名物玉子コロッケとビフカツの「やろく定食」やハンバーグとエビフライのランチなど、思い思いに食べたいものを選んで注文。ボリュームもあり大満足でした。
ランチの後は当然デザート。近くのショッピングモールへ移動して、フードコートでのんびりデザートタイムを楽しみました。

年間行事

スポーツ大会

秋にひびき福祉会全体の施設の利用者が集まってアリーナで体育大会をしています。

クリスマスパーティー

年に1回のクリスマスパーティー。プレゼント交換や出し物を楽しんでいます。

宿泊レクリエーション

日頃の作業の疲れをいやすために年に1回1泊2日の旅行に行っています。