沿革

1977年 6月 ひびき共同作業所 開所
1984年 1月 社会福祉法人ひびき福祉会、認可。
4月 知的障害者通所授産施設、ひびき作業所開設。
1990年 4月 身体障害者通所授産施設、第二ひびき作業所開設。
1992年 4月 知的障害者通所更生施設、第三ひびき作業所開設。
1993年 12月 身体障害者通所授産施設、第二ひびき作業所分場、「福祉の店」(セルプショップ、パレットひびき)開設。
1997年 12月 知的障害者通所授産施設、ハイワークひびき開設。
1999年 4月 知的障害者通所授産施設、ひびき作業所分場開設。
身体障害者通所授産施設、第二ひびき作業所分場開設。
知的障害者及び身体障害者緊急一時保護事業(ショートステイ)開始。
5月 知的障害者グループホーム、ひびきホーム(現春宮ホーム)開設。
2000年 12月 身体障害者グループホーム、第2ひびきホーム(現鴻池ハイツ)開設。
知的障害者グループホーム、第3ひびきホーム(現鴻池ハイツ)開設。
2001年 10月 障害者生活支援センターひびき開設。
在宅障害者自活訓練事業、額田ホーム開設。
2002年 10月 額田ホーム、知的障害者グループホームとして事業開始。
11月 ハイワークひびき分場「洋菓子のブリス」開設。
2003年 7月 知的障害者グループホーム、永和ホーム開設。
知的障害者グループホーム、稲田ホーム開設。
2004年 6月 知的障害者グループホーム、柏田ホーム開設。
2005年 5月 知的障害者グループホーム、東鴻池ホーム開設。
2006年 6月 知的障害者グループホーム、玉串ホーム開設。
10月
  • 障害者自立支援法施行に伴い、知的障害者グループホームを共同生活援助・共同生活介護事業所として事業移行。
  • ひびき作業所分場と第二ひびき作業所分場が統合して、就労移行支援・生活介護事業所、ワークセンターひびきを開設。
  • 東大阪市日中一時支援事業をショートステイで開始。
2007年 5月 ひびき作業所・第二ひびき作業所が統合して、生活介護事業所、アクティビティーセンターひびきを開設。
7月 共同生活介護事業・共同生活援助事業所、稲田ホームA・稲田ホームBを開設。
2009年 3月 ハイワークひびきが就労移行支援事業・生活介護事業へ移行し、従たる事業所として、ルタンティール(喫茶事業)を開設。
2010年 1月 アクティビティーセンターひびきの従たる事業所として、生活介護事業所、アクティビティーセンターひびき きずりを開設。
4月 東大阪市身体障害者生活援助事業、鴻池ハイツが共同生活介護事業所に事業移行。
2011年 9月 共同生活介護・共同生活援助事業所、稲田ホームA・稲田ホームBが移転し、上小阪ホームを開所。
2012年 3月 ハイワークひびきが就労継続支援B型の事業を追加し、就労継続支援B型、生活介護事業、就労移行支援事業の多機能型事業所となる。
4月 第三ひびき作業所が事業移行し、生活介護事業所サンプレイスひびきを開設。
12月 共同生活介護事業所 石切ホーム開設。
2013年 4月 額田ホームの改築が完成し、共同生活介護事業・共同生活援助事業所として再開設。
ハイワークひびきが就労継続支援B型事業に一本化する。
2014年 4月 共同生活介護事業と共同生活援助事業の一元化により、鴻池ハイツの全ての住居が介護サービス包括型の共同生活援助事業所となる。
7月 居宅介護事業・移動支援事業所ひびきヘルパーステーションを開設。
12月 相談支援事業 相談支援事業所 ワークセンターひびきを開設。
2015年 9月 ひびきヘルパーステーション 同行援護事業を開始。
2017年 4月 自立訓練事業 リーブキャンパスひびき開校。これに伴い、長栄寺ビルを一元化。リーブセンターひびきとして開設。