ひびき後援会とは

ひびき後援会とは‥

社会福祉法人ひびき福祉会が行う事業を後援し、障害者福祉の発展に寄与することを目的としております。

主な活動は、物品販売、ふれあい祭り(東大阪市)、バザー、医療生協まつり
東大阪市民まつり、独自のイベントコンサートの開催、映画会 etc…
一年間を通して、地域に根ざした行事の開催を行っております。

会員様は随時募集しておりますので、協賛頂けましたらご参加お待ちしております。

これからも皆様のご支援頂けますようお願いさせて頂きますと共に、引き続き入会募集致しておりますので、皆様のご支援宜しくお願い申し上げます。

ひびき後援会会則

第1条 名称

本会はひびき後援会と称します。

第2条 目的と事業

社会福祉法人ひびき福祉会が行う事業を後援し、障害者福祉の発展に寄与することを目的とし、その為に必要な諸事業を行います。

第3条 会員

本会の会員は第2条の目的に賛同する個人、および団体をもって構成します。
毎月発行するひびきニュース「頑張ってまーす」を郵送させて頂きます。

第4条 会費

会員は個人年間1口2,000円(1口以上、何口でも結構です)
団体年間1口5,000円(1口以上、何口でも結構です)

第5条 組織・運営

  1. 総会は最高議決機関であり、出席者をもって構成し、年1回開きます。
  2. 本会には役員をおき、役員会は以下のメンバーをもって構成します。
    会長 1名 会計 1名
    副会長 2名 幹事 若干名
    事務局長 1名 事務局次長 1,2名
  3. 本会の会議は総会、役員会とし、役員会は、事業の推進に責任を負います。
  4. 本会に顧問をおく事ができます。

第6条 事務局

本会の事務局は、東大阪市中小阪5-14-23(アクティビティセンターひびき内)におきます。

第7条 会計

  1. 本会の活動に費用な財源は、会費及び事業収入でまかないます。
  2. 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとします。
  3. 会計監査を2名おきます。

第8条 会則の改正

本会の会則は、総会において、出席者の過半数の賛成を得て、改正することができます。

ひびき後援会 会長就任ご挨拶

ひびき福祉会創設当初から会長をされてこられた家近会長の後任として、先の後援会総会で選出して頂きました。

私は、「ひびき共同作業所」が無認可作業所としてスタートした1977年からボランティアとして作業所の仲間やお母さん方とご一緒に運営に参加させて頂いていました。
当時、福祉事務所、保育所等の職員で全国障害者問題研究サークル「だるま」を結成し活動していて、サークル員が無認可作業所の運営や運動にも参画していました。
無認可作業所が社会福祉法人施設としてスタートする際、法人役員に法人所在地の市職員が参画できない規定があり、以降ひびき後援会の会計監査をさせて頂いていました。

西福祉事務所障害福祉係に在職中の2009年、「支援センターひびき」センター長の高井博之さんが突然逝去され、「障害者生活支援センターひびき」の相談支援の体制が厳しいと言う事で、定年退職後の2011年4月から「支援センターひびき」で相談員をさせて頂き、今年3月末で相談員の職を退かせて頂いた所です。

私は、後援会活動を通して、ひびき福祉会の理念である「連帯」を地域の中で広げ、ひびき福祉会の事業を支え、後押しできればと願っています。
後援会員の皆様のご協力を宜しくお願い申しあげます。

ひびき後援会  会長  石田 義博